タバコと灰皿

タバコも値上げなどがあり、ヘビースモーカーの方はタバコ代がかなり大変な場合もあります。禁煙したくてもなかなかタバコを吸うことを止められずに悩んでいる方もいるでしょう。
禁煙をする場合、数週間ほど禁断症状としてタバコを吸いたくなってしまったり、イライラと落ち着かなくなってしまうなどさまざまな症状がでることもあります。
そのため、途中で挫折してしまい、せっかく1週間以上タバコを吸うことを止められていたのに、また吸い始めてしまう方も中にはいるかもしれません。
禁煙には、さまざまなケースがありすんなりとタバコを止められる人もいますが、どうしても途中で耐え切れずに吸ってしまう方もいます。
自分でどうしても禁煙ができないという場合には、禁煙外来などに行ってみるのもいいでしょう。医師によるアドバイスがもらえます。また、薬やいくつかの治療法もあるので自分に合う治療法が見つかれば禁煙が成功する確率もあがります。
また、自分自身で禁煙を成功させたいという場合には、日記感覚で禁煙の記録をつけてみるのも一つの方法として有効だといえます。
毎日、記録をつけていくことで自分がどのような状態なのかを文章として書くことでしっかりと認識できるでしょう。また、自分がつらい状態を周囲の人々に打ち明けられない場合でも、記録にその思いを書き込むこともできます。
とにかく、禁断症状が治まるまでの間、記録を書き続けることが大切です。また、途中で挫折しそうな時は記録を読み返してみるのもいいでしょう。そして、自分がどうしてタバコをやめたいと考えたのかを再認識することも重要です。
我慢することはつらく苦しいことです。ですが、乗り越えてしまうことでタバコを止めることができ、その先のメリットを考えて乗り切りましょう。